top of page

春の作業③ 人工受粉


こんにちは。

咲いたと思ったらすぐに散ってしまう儚さが哀しいので、桜を極力満喫しないように心がけています。

と、冒頭から後ろ向きな発言ですが

りんごの花が咲き始めました。

りんごの花が咲いたなら、しておかなければならない人工受粉。

今年から農業研修生として仕事を手伝ってもらっている小林君に人工受粉を。

昔は柔道家だった彼に、こまごまと手先の作業をお願いしています。

風や虫を媒介にしてりんごは受粉し、実をつけますが、ひとつひとつの花に花粉をつけていくことが確実なようです。

目指すは甘くて良い形のりんご!

小林君、鍛錬です!


bottom of page